best rate 公式サイトからのご予約が一番お得です


【 休館のお知らせ 】

■お詫びと近況のご報告 (2020/2/12)

多くの皆様に多大なるご迷惑をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます。
お待たせしてしまっているお客様からのお問合せが何千と戴いている状況のため、
お恥ずかしいことですが、正直に状況をご報告することがせめてもの私たちの誠意と
思い、記載させていただくこととなりました。

2018年より当館の全面リニューアルとして建て替えの工事を進めてきておりますが、
国立公園特有の諸処の許認可申請の遅れに伴い、建設プロセスでの遅延が発生しておりました。
当時、2019年オープンの予定から、皆さまにもお詫び申し上げましたように延期となってしまいました。

2019年秋のオープン、2020年春のオープン・・・
一日でも早くお待たせさせてしまっているお客様を迎えられるようにと調整をしてきておりますが、
契約している建築会社との契約トラブルに陥って建物が建てられないという現況であります。
元の建物もすでになく、どうあがいても皆さまをすぐにお迎えすることが出来ません。

1年以上もお待たせしてしまっているお客様もおり、心がねじれる思いでいっぱいです。
なんとか、建設に向けて交渉・抗議を重ねており、住吉館の再開に向けて命を燃やしています。
日々、励ましのお言葉とともに問い合わせフォームにてご登録を下さる多くの方がいらっしゃることが
私たちの唯一の心の支えとなっております。
私たちはとにかく住吉館を再開させたい!そして皆様にお越しいただいて喜んでいただきたい!
その思いだけです。

本来、皆さまにとって聞き苦しい内情でありますが、ご報告させていただきます。
どうぞ、住吉館をお見捨てにならないようお願い申し上げます。

2020年2月 住吉館一同

■ ご報告とお詫び(2019/5/9)

2019年の夏オープンの予定で調整を進めておりましたリニューアルですが、諸事情により延期とさせていただくことになりましたことをご報告させていただきます。

当館は『磐梯朝日国立公園』内に位置するため、新築に伴う諸処の確認申請等に想定以上の期間がかかっており、現時点でオープン予定日の目途が立たない状況にあります。

リニューアルオープンを楽しみにしてくださっている多くのお客様方から、1日も欠かすことなく、お問い合わせのお電話をいただいており、誠にご迷惑をおかけしてしまっていることを日々心苦しく過ごしております。1日でも早いリニューアルオープンに向けて、また以前以上のおもてなしサービスをご提供できる施設のオープンに向け全力で努めておりますので、何卒ご理解の上、これからも住吉館をよろしくお願いいたします。
改めて、ご迷惑おかけしてしまっていることをお詫び申し上げます。

館主

【 リニューアルオープンに関するお問い合わせはこちら 】

以下の「お問い合わせフォーム」にてご登録いただけましたら、
オープン時期が確定した際にご案内と割引チケットをお送りさせていただきます。
また、オープン時には優先的にご予約いただけます。

お問い合わせフォーム

ごあいさつ 猪苗代の林の奥に、一軒宿あり。開湯が安政3年(西暦1856年)の『押立温泉(おったておんせん)』に宿を構える住吉館は、古くは湯治の旅館として親しまれ、今でも温泉を主とした観光客が訪れる温泉旅館となっています。2014年に改装した内湯には2種類の源泉を持ち、半露天風呂付きで季節の移ろいを楽しむことが出来るお風呂となっています。(日帰り入浴も可) 当館名物の岩露天風呂は、新緑や紅葉に包み込まれるような露天風呂となっており、風情豊か。お食事は、囲炉裏を囲んで出来たての1品1品をお楽しみいただきます。料理長の創作料理は、地産食材を使い、手作りにこだわり、純粋に美味しいと感じていただけるものをお出ししております。季節の味覚と充実した地酒で、日頃の時の流れから開放されたひと晩をお過ごしください。ゆっくりとお寛ぎいただく温泉旅行をお求めの方にぜひご利用いただきたいと存じます。